“安くて強くて暖かい大空間の家づくり”

「他の会社とどこが違うの?」

自由設計・完全注文住宅で価格明瞭

引き渡し価格とは、建物本体以外に屋外給排水工事費・仮設工事費・建築確認申請費・第三者機関による保証費・そして消費税までを全て含んでいるという意味です。

もちろんオプションがまったく無いということではありません。「あれば便利だけど、無くても困らないもの」簡単に言うと「ぜいたく品」をオプションとして選べるようにしています。

自由設計 完全注文住宅で価格明解

強引な売り込みは一切ありません!

設計担当 佐藤 鉄平
現場が私の職場です。喜んで頂ける家づくりのために精一杯力を出し切っています。
宅地建物取引主任者 村中 朝彦
『満足する土地の買い方』&『住宅ローンの有利な借り方』を知りたい方は私に声をかけてください。
事務・経理担当 石川 友希子
事務所ではいつも楽しく仕事しています。お気軽に遊びに来てください。
事務・受付担当 井上 貴子
事務所で皆様をお待ちしております。『フェリーチェ』 見てくださいネ
設計担当 可児 百恵
やる気と元気で頑張ります。
質問、提案、意見、雑談・・・たくさんお話をして、ステキなお家を建てましょう。

「強引に売り込んだらクビ!」と社長から厳命されています。

約束を破った事がない

家づくりはお施主様と住宅会社の信頼関係が無ければ絶対に上手く進みません。

エーティーエム建築お客様への誓い(↑クリックで拡大)

また同じ住宅会社で家を建てるとしても担当する人間が誰なのかによって、その結果はまったく違うものになってしまいます

我々はその責任の重さを充分に自覚しなければなりません。

お客様が命を担保にして建てる住まいを任せていただく覚悟、お客様の疑問や不安に心の底から共感する優しさ、それが無い人間に家づくりをする資格はないのです。

だからエーティーエム建築の社員はこの10ヶ条を胸に刻み込んでいるのです。

すべてを公開する

エーティーエム建築では完成現場だけでなく、建築中の現場も全て包み隠さずお見せしています。

どの現場をどの状態でご覧頂いても恥ずかしくないという自信があるからですが、もちろんそれだけではありません。

家づくりを真剣に検討されるお客様が一番しなければならないのは、やはり最低でも3回の現場見学会に参加し、実物を確認することだからです。

カタログは見えるようにつくられています。営業マンは良いことしか言いません。

構造見学会の様子 でも現場はウソをつきません。あなたの一生に一度の家づくりを任せるに値する業者かどうかをご自身の目でしっかり判断してください。

全て見せます!
安くて、強くて、暖かい 大空間の家づくり
エーティーエム建築の家

第三者機関による完全10年保証

家は人がつくるものです。

人がつくる以上、絶対に失敗が無いとは言えません。

だからこそ万全を期すために、そしてお客様に安心して生活していただくためにエーティーエム建築では第3者機関による保証制度を導入しています。

家は建てて終わりではありません。

日頃の適切なお手入れをによって、新築時の良い状態を長く保つことが出来るのです。

SE構法では、登録店に対して、業界初の構造体の最長20年間の保証制度をご用意しています。

エヌ・シー・エヌでは、施工後の瑕疵責任を保証するための保証制度「SE住宅性能保証」をご用意いたしております。

「SE構法」は、表示可能な性能を持った集成材や金物と、それらによって組立られた住宅の性能をコンピュータによるシュミレーションで算出・表示する事ができます。

また施工については、登録施工店のSE構法施工管理技師が個別 管理しますので、施主と施工業者の間で合意した駆体の性能値が確実に実現できる体制となっています。

このような体制により大手保険会社にも認められ、保証制度の実現を可能にしました。

SE住宅保証制度はSE構法の性能保証制度本部である、 株式会社エヌ・シー・エヌがSE構法登録施 工店を保証する制度です。

つまり基礎と構造躯体、それを構成する金物が原因で住宅の損傷が起きた場合、 株式会社エヌ・シー・エヌが登録施工店を通じてお客様の住宅を保証するというシステムです。

■保証内容

●瑕疵の修補費用と賠償責任の補償をします。
  • SE構法による基礎部分と構造駆体部分に生じた瑕疵の修補費用を補償します。
  • 基礎部分と駆体部分の瑕疵(欠損)が起因して住宅の基礎部分と駆体部分以外に波及した法律上の損害賠償責任を補償します。
●設計基準以下の自然災害で発生した瑕疵の修補費用とその瑕疵が起因して住宅の他の部分に波及した法律上の損害賠償責任を補償します。
風力による荷重を受けた場合における損害
風力60m/s
※風力の測定は当該住宅より最も近い気象観測所のデータをもとに判断します。
積雪による荷重を受けた場合における損害(建設省基準による)
多雪地帯:積雪最大200cm
多雪地帯以外:積雪30cm

■保証期間

●完成引き渡し後10年間

※さらに10年間の再延長(保証期間延長)が可能です。

但し、保証期間延長の条件として10年経過前に一定の登録施工店によるメンテナンスの実施が義務付けられています。